2010年07月26日

トーン用のパターン定義

暑いなあ、室内温度が30度だと涼しいと思ってしまうほどに暑い。
もちろん扇風機使用だけど。無風じゃ原稿無理。
ちなみに30度にしようと思うと、やっぱり冷房はいる。
電気代が・・・。


レース風パターン

今回の短編の主人公の洋服用にパターンを作ってみました。
自分が持ってた服のレースを参考にしたんだけど、
実際ははっぱがあったり、花びら散ってたり、
もっと色々あったんだ。

でも実際パターンで塗りつぶすとなると、
あんまり細かい柄にしてもわからないので、ここで止めた。

後ろの六角形が途切れないように注意しながら、パターン定義する。
あとは鉛筆のグレー30%くらいでトーン貼るところを塗りつぶして、
透明度にロックかけた後、パターンで塗りつぶし。

フィルターにある雲模様とかも、網点にすると面白い感じ。
posted by 初野あけみ at 00:48| 自分用メモ

2010年07月30日

きらきらブラシつくった

自分でブラシ作った

illustratorでがんばって作ったブラシ。
がんばったけど、もうちょっと直したほうがいいかも。

ぺたぺたぺたーと原稿にまき散らした後、ディザで砂目っぽく仕上げます。
posted by 初野あけみ at 00:06| 自分用メモ

2010年11月22日

砂目のトーン@デジタル原稿

デジタルでさ、グレーの部分を2値化するのにディザを使うと
砂目、というより規則正しい点描みたいに見える。
どっかで、フィルタのメゾティントを使えば、って話もあった気がするけど、
それだと、グレスケデータの時点でそこだけ2値になっちゃうから、
自分のポリシーに反してしまう。
あくまでグレスケのときは、グレスケな感じで。

というわけで探したら、Illustratorにメゾティントのテクステャがあった。
砂目

これをばらしてPhotoshopのパターンに登録した。
でもってグレーで塗った個所に乗算70%くらいでこのパターンを塗りつぶし、
さらに、ぼかしをかける。
砂目

でもってディザ2値化。

砂目
グレー30%の塗りつぶしだけだとこんな感じ。

砂目

メゾティント乗算だとこんな感じ。
ほかの模様を使っても、面白いディザになりそうです。
posted by 初野あけみ at 19:19| 自分用メモ

カケアミグラデのトーン@デジタル原稿

ひきつづき、
ぎりぎりまでグレスケをキープしたい管理人の
カケアミグラデの作り方。
以下1200dpi実寸サイズ。

カケアミグラデ
まず張り込みたい場所にグレーで塗りたくる。

カケアミグラデ
カケアミの元をIllustratorで作る。
縦縦横横斜め斜めを直線・曲線、好きに作る。
出来上がったらぼかしをかける。
管理人はさらに変なレイヤースタイル設定してますが、
多分さらにぼかしたかっただけ。
(はっきりした線だと、出来上がったときにカケアミが自己主張しすぎて
主線が食われてしまう気がする)
できあがったカケアミはパターンに登録するか、
原稿サイズで元ネタとして保存しておくかする。
(管理人は元ネタをPSD保存してます)

カケアミグラデ
最初のグレーレイヤーを複製し、
カケアミレイヤーも複製
レイヤーの順序を

複製グレー(クリッピングマスク+ハードミックス)
カケアミ元ネタ(乗算)(追記:ここもクリッピングマスクです。抜けてました)
グレー(乗算)

の順に並べる。
カケアミグラデ
2値化するとこんな感じ。

カケアミグラデ
ちょっとサイズが小さいとぴんとこないので、
2000*2000サイズを縮小してみました。
やっぱりぼけぼけな気がしますが、
脇役なのでボケ気味の方がいいかなあ、と。
posted by 初野あけみ at 19:32| 自分用メモ

2011年05月03日

カスタムパターンでのたうってみた

最近、Photoshopのカスタムパターンで
オリジナルトーンを作ってみたので、その報告。

作業は
・まず「パターンを定義」で適当なパターンを登録する
・イメージ→モード→モノクロ2階調でカスタムパターンを選ぶ
だけ。
パターン定義といっても、Illustratorの中に入ってるパターンを流用してるのが多いし。
ベーシックテクスチャの
カプセルとか、低木地とか、砂浜とかが管理人的にはええ感じです。

でPhotoshopのヘルプでは
多様な濃度を持つパターン(通常、グレーの濃淡が多様なパターン)にしろって書いてある。
多様じゃないとどうなるかってえと
こうなった。

カスタムパターン
これがパターンを定義した3種類。



カスタムパターン
このグラデーションを定義した3種類でモノクロ2階調してみた。

カスタムパターン
左のぼけてないパターンで2階調。
 
カスタムパターン
真ん中のパターンで2階調。
 
カスタムパターン
右のボケボケで2階調。
もう花柄ちゃうし。

というわけで、
カスタムパターンである程度濃淡に対応したモノクロトーンを作ろうとしたら
パターン定義のときに
うまーくぼかせということでいいのね。
posted by 初野あけみ at 18:44| 自分用メモ