2019年09月09日

アイスショー見にクレルモン=フェランまで

久しぶりにフランス写真。
……を上げようと日曜にLightRoom立ち上げたら
バージョン古いと言われ、(Mojaveにあげたんだった)
そういえばDreamweaverも新しいバージョンインストールしたな、
と立ち上げてみたら、なんか画面違うし。
もたついてたらブログの更新が月曜日にずれ込むという……。

2010年アイスショー見にパリからクレルモン=フェランまで弾丸日帰りしまして、
その時の写真を何回かに分けてあげます。
なんせ日帰りなんで、
あんまり観光できてないんですけど。


アイスショーのチケット。
FNACのサイトでお買い物したら日本まで送ってくれました。
ちなみに保険入ってますけど、これは不要でした。
だって何か問題あったって、自分の語学力じゃ何にもできない。


クレルモン=フェランの駅前。
街の中心からは少し離れているので
ここからてくてく歩きます。


添乗員もなく、一緒の友人もなく
完全ひとり旅。
こんな景色を見ると
「思えば遠くへ来たもんだ〜」
って気分になります。





この日は祝日で街中ではパレードとかもあったんですけど、
向かう途中で
「ちょっとお時間いいですか?
あなたは神を信じますか?」
のイケメン二人と遭遇しまして。
(映画に出てくるような黒い神父さんの服着てた)

「5分だけ〜」
と一生懸命話しかけてくれたんですが、
なんせフランス語か英語か、
の2択なので。
到底神の教えなどにはたどり着けず、
最後は諦めてお帰りになられました。
ごめんな、イケメンズ。

ふてぶてしく歩いていたから地元民だと思われたのかもしれない。
かっぱらいさんとかにお会いしたくないので、
だいたいいつも虚勢はって地元民ぶってんだ。
posted by 初野あけみ at 21:50| フランスネタ

2019年09月01日

コミティア129お疲れでした(ワタシが)

先週はコミティアでした。
スペースにお越し下さったみなさま、
ありがとうございました。

「割と雑な葬送行進曲」買ってくださった方お一人
この本専用のおまけペーパーあったのにお渡しするのを
また!忘れてしまいました。
イベントでお近くを通られることがありましたら
お声掛けください。
お渡しさせていただきます。
またやっちまったよ、すいません。

当日は、いつもの東京弾丸日帰りでした。
4時前に起きて新幹線乗ってイベント参加して
新幹線乗ってなんとか日付が変わる前に帰宅するという、
いつ体調不良になってもおかしくないんやで的なハードスケジュール。

だいたい2時ごろから居眠りしてた。
用事あったのに声かけられなかった人、……いないよね?
いたらすいません。


冬の新刊の登場人物はこんな感じの読み切りで。
なんでペン入れまでしてるかというと
関西コミティアのサークルカットに使いたいから。
29日までに仕上げて当日申込して帰るぞー。
posted by 初野あけみ at 01:58| 同人誌進行状況とイベント

2019年08月19日

ただいま抜け殻中(夏の表紙のラフ絵とボツ絵)

原稿終わって脱力真っ最中です。
ほんとはもう冬の原稿のネーム切ってなきゃおかしいんだけど。
ワタシ、なんでこんなハードな人生送ってるんですか?

夏の原稿はもう印刷されて送られてきました。
仕事早いわー。
値札の印刷がまだなので、なんかキャッチフレーズ考えなきゃ、なんだけど、
なんかもう、脱力させてくれ。

新刊の表紙の没ラフ絵

割と好きな感じなんだけど、表1というより表4な感じなのでボツ。


なんかいまいち派手さがないのでボツ。


で、最終案。
これでいっかー、と下書き始めてから、体の向きも顔の向きも
苦手なやつだということに気づいた。
下書きとペン入れはアナログなんだけど、
シャーペンで表から描き、裏から描き、を繰り返しました。
本文は、下書きアナログ、ペン入れデジタルなんだけど、
直線はなかなか綺麗にいい線が引けないので頑張ることなくアナログペン入れ。


できあがり。
右3分の1は時間がなくてこのざま、ですが、
案外さっぱりしてていいな、と思ってます。
posted by 初野あけみ at 20:54| 同人誌進行状況とイベント

2019年08月16日

入稿した。死んだ。

「銀花街物語3」入稿しました。
まさか予定より20近くページが増えるとは思わんかった。


黒髪イケメン出したいと思って
男性キャラ作っては残念な性格になる、を繰り返してる感のあるこの話。
心の中で「だめんずコレクション」てサブタイつけて呼んでます。
こいつもやっぱりちょっと変。


ネタ出しの時点のラフ絵。

話変わって昨日コミケの申込したんだけど、
Circle.msって推奨利用環境、MacはMojaveぽっきりなのね。
うちHigh Sierraだったし、
原稿描いてる最中にアップグレードするほどチャレンジャーじゃないしで
気づかずに申込完了させて焦りましたわ。
念のためにWindows7立ち上げて入力内容確認したけど、
来年は7もサポート外だしなあ。
昔はWindowsないと困る場面多かったけど、
今はそうでもないし、積極的に買い換える理由がないんだよなあ。
はっ、Macもう一台買えばいいのか!(色々おかしい)


posted by 初野あけみ at 03:03| 同人誌進行状況とイベント

買った本をことごとく忘れていくので自分メモ

図説 民居―イラストで見る中国の伝統住居
ISBN-13: 978-4497212023

中国の民居のイラスト集
解説もそこそこあるので使いやすそう
(と思って買って存在を忘れていた)

VILLAS(ヴィラ)西洋の邸宅
ISBN-13: 978-4837307426


19世紀フランスのお家のイラスト集。
見取り図とかもあってお値段手頃。
「幸薄い男ふたりが棲む館」のころに
これとgooglemapで家の雰囲気決めてた。

Venice: The Grand Canal
ISBN-13: 978-8872001660

ベニスの運河のパノラマ写真集。
細長いパタパタ折で、両面に運河両岸の景色がひたすら並んでいる。
パタパタが長すぎて全部べろーんと広げられない。

Eugène Atget
ISBN-13: 978-2070135165

19世紀パリの写真集。
これも「幸薄い男ふたりが棲む館」描いてた頃に
資料にと思って買った記憶があるんだけど、
結構な大きさのハードカバーなんで、横に置いて資料に、
というのがしづらくて、
そして写真が多すぎて逆に何も記憶に残っていないという……。
45ユーロのシール貼ってる。

Les Meubles Anciens
ISBN 13: 9782865353019
家具の写真集(割と年代物の多分フランスの家具?フランス語だし。)
イラストとかもあって資料にいいなと思ったんだけど、
原稿に描く時間と実力があるかはまた別の話。

Principes et éléments de l'architecture religieuse médiévale
ISBN-13: 978-2910685409

大聖堂の断面図とか平面図とか3Dで作られたパーツで解説とか
なんかそんな感じ。
ショッピングモールの案内パンフをゴージャスにしたくらいの
ペラくて小さい本だけど、自分はお気に入り。
14.95ユーロの値札貼ってた。
如何せん説明が全部フランス語だからな……。
アーチや屋根の組み立て方描いてるっぽいんだけど、
解読している暇がない。

Eperonnerie et parure du cheval : De l'Antiquité à nos jours
ISBN-13: 978-2873863913

馬具の写真集。
日本の馬具まであったので、世界各国のを集めてるみたい。
逆にそれって資料としては使いにくいんだよなー。

Parures triomphales. Le maniérisme dans l'art de l'armure italienne
ISBN-13: 978-8874390328

きんきらきんの鎧の写真集。
盾とか兜とか槍とか馬用鎧とか
とにかくきんきらきんで見応えある。
「永遠の地平線」描いてた頃に広げてた記憶はあるけど、
このディテールをかけるかどうかはまた別の……げふげふ。
大きくてゲキ重の本だけど、表紙はゴツ目のアートポストかなんかの
フランス表紙なんだよな。
586頁。65ユーロって印刷してる。

Maisons rurales et vie paysanne en provence
ISBN-13: 978-2742751006

プロヴァンスの民家の本。
写真と水彩イラストと間取りとフランス語。
建物かわいいんだけど、いまいち使い道がない。
59ユーロって印刷してる。

表紙の絵が欲しかったのでアマゾンのリンク使ってるけど、
もしも購入する場合は
リンク先ぼったくり価格のも多いので、
同じアマゾンでもフランスのサイトに行くか
FNAC行くほうが幸せになれるかもしれない。
フランスの本は10年前くらいに買ったのが多いので
値上がりはしてるかもしれないけど……。
posted by 初野あけみ at 02:13| 自分用メモ