カケアミグラデのトーン@デジタル原稿

ひきつづき、
ぎりぎりまでグレスケをキープしたい管理人の
カケアミグラデの作り方。
以下1200dpi実寸サイズ。
カケアミグラデ
まず張り込みたい場所にグレーで塗りたくる。
カケアミグラデ
カケアミの元をIllustratorで作る。
縦縦横横斜め斜めを直線・曲線、好きに作る。
出来上がったらぼかしをかける。
管理人はさらに変なレイヤースタイル設定してますが、
多分さらにぼかしたかっただけ。
(はっきりした線だと、出来上がったときにカケアミが自己主張しすぎて
主線が食われてしまう気がする)
できあがったカケアミはパターンに登録するか、
原稿サイズで元ネタとして保存しておくかする。
(管理人は元ネタをPSD保存してます)
カケアミグラデ
最初のグレーレイヤーを複製し、
カケアミレイヤーも複製
レイヤーの順序を
複製グレー(クリッピングマスク+ハードミックス)
カケアミ元ネタ(乗算)(追記:ここもクリッピングマスクです。抜けてました)
グレー(乗算)
の順に並べる。
カケアミグラデ
2値化するとこんな感じ。
カケアミグラデ
ちょっとサイズが小さいとぴんとこないので、
2000*2000サイズを縮小してみました。
やっぱりぼけぼけな気がしますが、
脇役なのでボケ気味の方がいいかなあ、と。

砂目のトーン@デジタル原稿

デジタルでさ、グレーの部分を2値化するのにディザを使うと
砂目、というより規則正しい点描みたいに見える。
どっかで、フィルタのメゾティントを使えば、って話もあった気がするけど、
それだと、グレスケデータの時点でそこだけ2値になっちゃうから、
自分のポリシーに反してしまう。
あくまでグレスケのときは、グレスケな感じで。
というわけで探したら、Illustratorにメゾティントのテクステャがあった。
砂目
これをばらしてPhotoshopのパターンに登録した。
でもってグレーで塗った個所に乗算70%くらいでこのパターンを塗りつぶし、
さらに、ぼかしをかける。
砂目
でもってディザ2値化。
砂目
グレー30%の塗りつぶしだけだとこんな感じ。
砂目
メゾティント乗算だとこんな感じ。
ほかの模様を使っても、面白いディザになりそうです。